所属教員紹介

内村 博信うちむら ひろのぶ
Hironobu Uchimura

職位教授
専攻分野 近現代ドイツ思想・文化
社会思想史
表象文化

主要研究業績

著書
2012年 単著 『ベンヤミン 危機の思考― 批評理論から歴史哲学へ』(2012年、未来社)
2009年 単著 『討議と人権-ハーバーマスの討議理論における正統性の問題』(2009年、未来社)
1995年 共著 『多元性のディスクール-民衆文化と芸術の接点』(1995年、多賀出版)
1992年 共著 『感覚変容のディアレクティク-世紀転換期からナチズムへ』(1992年、平凡社)
論文
2012-2013年 「メランコリーとアレゴリー ― ベンヤミンのバロック論における歴史神学1-12」(2012年10月~2013年9月、『未来』未来社、no.553、28~31頁、no.554、40~43頁、no.555、40~43頁、no.556、40~43頁、no.557、40~43頁、no.558、40~43頁、no.559、30~33頁、no.560、28~31頁、no.561、22~25頁、no.562、30~33頁、no.563、30~33頁、no.564、30~33頁)
2011年 「東西統一後のドイツの政治文化と「文化的記憶」」(2011年10月、日本独文学会研究叢書078号『戦後ドイツの「想起と文化」』三宅晶子編集、日本独文学会、51~78頁)
2007年 「欧州憲法条約とハーバーマスの政治哲学」(2007年3月、千葉大学平成17年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書『EUと東アジアにおける超国家的・地域間的市民社会形成の比較理論研究』、33~55頁)
「ハーバーマスのディスクルス倫理学と九0年代ドイツの人権政治(6・完)(5)(4)(3)(2)(1)」(『千葉大学法学論集』23巻・3号2008年12月47~157頁、23巻・2号2008年9月81~171頁、19巻・4号2005年3月41~98頁、18巻・3/4号2004年2月57~146頁、18巻・2号2003年10月65~145頁、17巻・4号平成2003年3月1~82頁)

業績一覧については、下記サイトをご覧ください。
(Please click below to see the list of books, papers, and presentations.)

http://curt.chiba-u.jp/search/ResultStudyList.aspx?ResNo=3031&type=Study

担当科目

国際地域社会論
ゼミナールⅠ・Ⅱ
ドイツ地域社会論セミナーⅠ・Ⅱ

オフィスアワー

月曜 12:00~12:50
木曜 2:30~4:10