所属教員紹介

石戸 光いしど ひかり
Hikari Ishido

職位教授
学歴 1991年 3月 東京大学工学部卒業(工学士)
1993年 3月 東京大学経済学部卒業(経済学士)
1996年 10月 アジア経済研究所開発スクール修了(開発学ディプロマ)
1998年 6月 ロンドン大学東洋アフリカ学院(開発経済学修士)
2003年 6月 ロンドン大学東洋アフリカ学院修了(経済学博士)
職歴 1993年 4月~ 1994年 11月 富士銀行(外国為替渉外担当)
1998年 8月~2000年 8月 国連開発計画(UNDP)(ニューヨークおよびマニラにてプログラムオフィサー)
2002年 4月~2005年 3月 独立行政法人アジア経済研究所(貿易に関する研究員)
2005年 4月~ 2007年 3月 国立大学法人千葉大学法経学部 助教授
2007年 4月~ 2012年 12月 国立大学法人千葉大学法経学部 准教授(名称変更)
2013年 1月~ 国立大学法人千葉大学法経学部 教授
2014年 4月~ 国立大学法人千葉大学法政経学部 教授
専攻分野国際経済論(特にアジア太平洋地域における貿易・投資の実証と理論分析)

主要研究業績

著書
2017年 石戸光編著『ASEANの統合と開発―インクルーシヴな東南アジアを目指して―』作品社
2015年 "Economic Impacts of FTAs on Trade in Services: Some Empirics in East Asia", Journal of International Commerce, Economics and Policy, Vol 6, No. 2, pp.155-175.
2014年 Le partenariat transpacifique : son ambiguïté et son implication en vue d’un mode de vie soutenable, INFORMATIONS et commentaires Le développement en questions, no 169, octobre-décembre, pp. 1-10.
2012年 “Liberalization of Trade in Services Under ASEAN+n FTAs: A Mapping Exercise”, Journal of East Asian Economic Integration, Vol. 16, No. 2, pp. 155-205.
2010年 『地球経済の新しい教科書―金・モノ・情報の世界とわたりあう作法―』明石書店
2009年 『千葉の内なる国際化―地域と教育の現場から(千葉学ブックレット)』千葉日報社
2008年 阿部清司=石戸光『相互依存のグローバル経済学―国際公共性を見すえて』明石書店
2005年 Economic Determinants of Foreign Direct Investment by Multinational Firms: A New Institutional Analysis, Chiba University Research Monograph Series in Economics 6, Chiba:Chiba University
論文
2017年 「(リレー連載)百花繚乱―国際経済学における実証研究 第5回 国境を越えたサービス取引の実態を追う―サービス貿易の実証分析」世界経済評論(2017年)pp.96-105
2017年 馬田啓一ほか編著『TPPの期待と課題:アジア太平洋の新通商秩序』文真堂(第9章「TPPとサービス」124-134頁)
2016年 Ishido, Hikari (with Yoshifumi Fukunaga), “Assessing the Progressive Services Liberalization in the ASEAN-China Free Trade Area (ACFTA)”, International Journal of China Studies, Vol.7, No.1, pp.1-22.
2016年 “Global Value Chains and Liberalization of Trade in Services: Implications for the Republic of Korea”, Journal of KoreaTrade, Vol. 21, Issue 1, pp. 38-55.
2010年 単著 “APEC’s Bogor Goals: Beyond the Japan Session in 2010”, 千葉大学経済研究25巻4号213-237頁
2010年 共著 “Promulgation of the US Housing Market Crisis into Asia: Impacts and Depths” Chapter 6 in Benton E. Gup (ed.), The Financial and Economic Crises: An International Perspective, Northampton, Mass.: Edward Elgar, pp.120-138.
2010年 単著 “APEC: Looking Back and Looking Forward”, Institute of Southeast Asian Studies (ISEAS), Regional Outlook: Southeast Asia 2011-2012,pp. 101-105
2010年 単著 「APEC参加エコノミーを取り巻くサービス貿易自由化の現状」アジ研ワールド・トレンド183号4-9頁
2008年 単著 「千葉の内なる国際化」千葉大学経済研究23巻3号261-281頁
2007年 共著  “Report of the Individual Action Plan (IAP) Peer Review of Korea”, APEC(Asia Pacific Economic Cooperation)(http://www.apec-iap.org/document/ROK_2007_2007_IAP_Peer_Review_Report_Peer_Review.pdfよりダウンロード可能)
2007年 単著 「地球規模の公共経済哲学を見据えて―異質な他者との対話の可能性」公共研究4巻2号105-122頁
2006年 単著 “A Note on APEC’s Bogor Goals: Toward the Japan Session in 2010” 千葉大学経済研究21巻4号41-68頁
2006年 単著 「東アジアの「イノベーション」―経済統合の動態的利益」平塚大祐編『東アジアの挑戦―経済統合・構造改革・制度構築(アジア経済研究所研究双書551)』165-191頁
2006年 共著 “Winner-take-all contention of innovation under globalization : a simulation analysis and East Asia's empirics”, Institute of Developing Economies (IDE), (Discussion paper / Institute of Developing Economies ; no. 53)
2006年 単著 「「小国」マレーシアと国際環境への対応―外資の役割を軸として」鳥居高編『マハティール政権下のマレーシア―「イスラーム先進国」をめざした22年(アジア経済研究所研究双書557)』179-224頁
2004年 単著 「ITサービス貿易の概念化の試み―経済理論的視点から」国際貿易投資研究所編『ITサービス貿易の概念整理と国際比較―サービス貿易に関する調査研究』財団法人国際貿易投資研究所10-27頁
2005年 共著 「垂直的産業内貿易と直接投資―日本の電機産業を中心とした実証分析」日本経済研究51巻1-32頁
2004年 単著 “The economic impact of trade liberalization on the ASEAN Plus Three : the case of textile industry”, APEC Study Center, Institute of Developing Economies, JETRO (IDE APEC Study Center working paper series ; 03/04-no. 3).
2004年 共著 「知的財産権強化の経済効果分析」アジア経済45巻11 =12月号23-48頁
2004年 単著 “East Asia's Economic Development cum Trade 'Divergence'”, A paper presented at “Trade and Investment Conference”, Centre d'Etudes Prospectives et d’Informations Internationales (CEPII), Paris(原版はhttp://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Dp/index.htmlよりダウンロード可能)
2004年 単著 「フィリピンとマレーシア-対外統合度を契機とした発展」アジ研ワールド・トレンド10月号16-19頁
2004年 単著 「外国直接投資と開発戦略-成功と制約-」アジ研ワールド・トレンド4月号17-21頁
2004年 単著 「輸入数量制限撤廃の部分均衡分析―アジアの繊維貿易を事例として」野田容助編『貿易指数の作成と応用―長期時系列貿易データの推計と分析に向けて』アジア経済研究所149-167頁
2003年 共著 “Vertical Intra-Industry Trade and Foreign Direct Investment in East Asia”, The Japanese and International Economies 17, pp. 468-506.
2003年 単著 “Foundations of Industrial Upgrading in ASEAN Economies: Policy Effort and Status Quo”, Chapter 10 in Ippei Yamazawa and Daisuke Hiratsuka (eds.), ASEAN-Japan Competitive Strategy, Institute of Developing Economies, Japan External Trade Organization, pp. 313-350
2003年 単著  “Linkages among Trade, Investment and Migration: Theory and Empirical Evidence from Asia” in Yasuko Hayase (ed.) International Migration in APEC Member Economies: Trade, Investment and Economic Development, Institute of Developing Economies: Chiba,pp.61-90
2003年 単著「ASEAN・中国の知識集約型貿易の発展」『日・ASEANの経済連携と競争力』アジア経済研究所55-68頁
2003年 共著 「産業内貿易指数の算出と分析―東アジアとEUの比較」アジア経済研究所統計資料シリーズ87集95-106頁
2003年 単著  “The Robust Nature of Foreign Direct Investment: The Case of Malaysia”, A paper presented at APEC Study Center Consortium Conference 2003 “Extending and Reaching out the Benefits of APEC”, Sheraton Grande Laguna, Phuket, Thailand, 25-28 May, 2003.
2003年 単著 “Economic Determinants of Foreign Direct Investment by Multinational Firms: The Case of Malaysia”, PhD thesis, University of London, 385p. (博士論文)
2003年 単著 “The Economic Impact of Trade Liberalization on the ASEAN Plus Three: The Case of Textile Industry”, APEC Study Center, 03/04-No.3, Institute of Developing Economies (以下よりダウンロード可能: http://www.ide.go.jp/English/Publish/Apec/pdf/apec15_wp3.pdf).
2002年 共著 ”Trade Patterns and Foreign Direct Investment in East Asia”, Kyoji Fukao, Hikari Ishido, Keiko Ito and Yoshimasa Yoshiike, a paper presented for 2002 TRIO (TCER-NBER-CEPR) Pre-conference, New Developments in Empirical International Trade, September 30, 2002, Hitotsubashi University, Tokyo, (original discussion paper downloadable at: http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/03e001.pdf)

担当科目

国際経済論、インターンシップ(海外)、ゼミナール

オフィスアワー

木曜日2時限

その他

国際教養学部と兼務(担当科目:アセアン地域論)