学部長挨拶

グローバルに羽ばたく人材を目指そう!グローバルに羽ばたく人材を目指そう!

千葉大学法政経学部 学部長 中原秀登 千葉大学法政経学部 学部長
中原秀登

 現代社会は、日々その様相を目まぐるしく変化させています。将来皆さんは、そうした激動する社会へ積極的に関わり、その中で自らの役割を見出し、貢献していくことが求められています。

 そうした社会的要請に対して、千葉大学法政経学部は、一学科の下に4つのコース(法学、経済学、経営・会計系、政治学・政策学)を置き、「時代を的確に読み取り、問題解決能力に満ちて指導力を発揮できるグローバルな人材の育成」を使命に、大学教育を行う全国でもユニークな社会科学系の学部です。

 通常、それぞれ独立の学部で学ぶべき社会科学の知識を、皆さんは法政経学部にいながら全てを学ぶことができるのです。しかも各コースの選択は、皆さんの希望に応じて自由に選択でき、横断的な学習を通して幅広い社会科学の知識を身につけることのできるのが、法政経学部です。

 皆さんが今後、社会で生き抜いていくためには、社会がどのような仕組みで成り立ち、動いているのか、そのメカニズムを正確に理解した上で、どのように社会と関わっていくかを学ばなくてはいけません。法政経学部では、社会の仕組みや動きを、法学、経済学、経営・会計学、政治・政策学の観点から客観的に捉える知識を皆さんに提供します。

 また皆さんは、そうした社会科学の基礎を単に学ぶだけではなく、学んだ知識を将来の社会で役立つよう積極的に応用する力を、自ら考え、身につけてください。そうした自由な学びの時間は、大学生活において十分にあります。

 そして法政経学部で学ぶ経験を、皆さんの持つ将来の夢の実現に向けた基盤づくりに是非とも活かしていただきたいと思います。法政経学部は、事実その前身である法経学部の時代から、有名民間企業のほか、国家・地方公務員、法曹、公認会計士など社会に貢献する人材をこれまで数多く輩出してきました。

 我々法政経学部は、そのような未来志向の、社会で広く活躍していこうと考えている皆さんの期待に応えるべく充実した教育カリキュラムを用意し、皆さんが必ずや有意義な大学生活を過ごしていただけるようスタッフ一同心よりお待ちしています。