学部紹介

経済学コースの目的経済学コースの目的

 経済学とは、人々が働き、生産し、所得を得、消費する事によって得られる満足や幸福を、どのようにすれば最大限に高める事が出来るかを主たる研究対象とし、処方箋を提供する学問です(元々「経」世「済」民とは、「世を治め人々を救済すること」を意味します)。

 現代社会には、さまざまな問題が山積みです。所得格差や世代間格差、国際的な貧富の差をどう解消するか、少子高齢化がもたらす負の影響を最小限に止めるためには何をすれば良いか、なぜ非正規雇用就業者の増加が我が国の貧困問題を悪化させているのか、そしてそれを改善するにはどのような施策が必要か、金融危機はどんな経路でこれほど長く暗い影を雇用や景気に落とし続けるのか、情報開示や規制緩和に依拠した自由な経済活動が求められるのはなぜか、等々が例として挙げられるでしょう。

 経済学は、こうした経済問題が発生し伝播するメカニズムを明らかにし、解決策を提示する学問です。幸いなことに、これまでの研究の進歩によって、多くの問題に対してかなり有効な処方箋が書けるようになってきました。経済学コースは、こうした多岐にわたる問題のメカニズムと解決策を学習し修得することを目的としています。

経済学の手法

 経済学は、他の学問と大きく異なり、現在から遠い将来にわたる満足や幸福を長期的視野に立って最大化しようと試みます(Forward-looking & long time-horizon)。興味深いことに、多くの場合、遠い将来の満足や幸福を軽視せず、将来全体の満足度を向上させることが大切であることが証明されています。近視眼的な発想は、大抵の場合最善の策ではないのです。

 ところが、遠い将来のことを具体的に考えるわけですから、難しい問題がいくつも立ちはだかります。経済学は、過去の教訓や現時点で得られる可能な限りの情報を駆使してこの難題に挑みます。情報は、データ解析や統計学、数学手法を用いて分析され、将来の予測や計画に反映されます。経済史実や考え方(学説)は、過去の人々が様々な自然環境や社会の枠組みの中でどのような選択を下して行動したかを明らかにし、将来の満足度・幸福度の向上に教訓として生かされます。

 このように、経済学は、数学、統計学、コンピュータ・サイエンスといった自然科学や、歴史学や社会の枠組みを構成する法的・行政組織的思考などの社会科学の両方を駆使して長期的視点から難題を解決に導いて行く、前向きに挑戦する学問なのです。

わが経済学コースの特色

将来の可能性

 経済学コースは、卒業生の様々な可能性を想定して設置されています。これまでの様に民間企業へ就職する学生も、国際的なビジネス展開の場で活躍することを重視した授業形態やカリキュラムになっています。英語での授業や経済学特進プログラムは、従来の3学科体制の時と比較して、国連などの国際機関や官公庁における経済専門職、大学教員やシンクタンク・エコノミストなどの研究者を目指す学生にも役立つことを企図しています。さらに、これらは国内、海外のbusiness schoolやPh.D. programへの進学を希望する学生にも適しています。

カリキュラム

経済学コース
経済学コースのカリキュラム

経済学特進プログラム
経済学特進プログラムのカリキュラム